565e73a6661e57538cb50c1662268b08-e1373969658643こんばんは、

私はいま、バリ島のデンパサールから遠くはなれた田舎町を訪れています。

 

リミッターの外れた人間にぶつかる。
自分にとっては、いま非常に重要な時間。

 

バリ島訪問の目的は、バリ島で一番あつい日本人にぶつかること。

 

その方とは、バリ島の兄貴こと丸尾孝俊さんです。

 

「兄貴」は無一文でバリ島を訪れ、

約20年後の現在、アジア有数の資産家として名をあげられています。

そしてそのサクセスストーリーは来年6月、

堤真一さんが兄貴を主演され映画公開予定となっております。

現地ではすでにスタッフが制作作業を開始しておりました。クランクイン間近です。

 

無一文の方がなぜ、アジア有数の資産家にのし上がることができたのか?

さらに現在もその勢いが指数関数的に増している理由はなぜか?

 

それは、兄貴のエネルギーの注ぐポイントにあると私は感じました。

兄貴が最も大切にしているものそれは、

 

「人情」「お互い様の心」です。

 

いま、多くの日本の都会の方が、忘れかけているもの。

 

それがどれだけ大切で、遠回りなようだけれども幸せをもたらすものか、

遠くはなれたバリ島から熱いメッセージを頂きました。

 

人間の本当の幸せとはなにか?

人間本来の生き方とはなにか?

本当に一度きりの人生、今のままで満足か?

 

今回、ChannelSのインタビューで本音のお話を、

ぶっちゃけていただくことができました。

 

1時間のインタビューの収録予定があつくなりすぎて、

1時間40分、一対一で本音の、

魂の会話を頂くことができました。

 

公開は、今年9月頃ChannelSにて予定しております。

 

是非お楽しみにしてください。

 

最後になりましたが、何のつながりもなく突然連絡させていただいた私に

日本に本気のメッセージを贈るという目的のために、

無償で、長時間お話をいただけ、しかもそれだけではなく、

この出会いをご縁に発展させるために

複数の圧倒的な創造力から生まれたジョイントベンチャーを提案していただけた

兄貴に、完全に感謝します。

 

そして、

兄貴の活動、

バリ島の現状を一つ一つ丁寧に現地を回りながら解説していただきさらに、

「バリ島は、宗教のハブ」というとてもインプレッシブな言葉をいただけたあつい心の持ち主、川口幸司さんに

完全に、感謝します。

 

そして、制約の多い医療番組を、KTVを中心に

真剣にそしてひたすらまじめに制作し続けておられる

番組プロデューサー笠井正俊さんに完全に感謝します。

 

そして相武台の皆様臨時休業をいただき本当にありがとうございます。

すこしでもよいものをお届けできますように日々精進いたします。

 

明日、帰国します。

 

最後まで読んでいただき本当にありがとうございました。

写真201372

写真201371