I am the captain of my soul. I am the master of my fate.
 〜私は、わが魂の指揮官であり、わが運命の支配者なのだ。
                (ネルソン・マンデラ 1918-2013)

今晩は、自立に関して少し考えてみたいと思います。

当院の理念:自分の健康は、自分で責任をもつ。

私は、自分が
「現実主義者」であると考えていると同時に
絶えず、「現実主義者」になろうとしております。

日々、
自分自身のなかから、
「信じている要素」を削ぎ落とすことを追求して、
医師としての自分を向上させています。
言葉にすると簡単そうですが、
専門職であればあるほど、
この作業は、実は難しいことなのです。

どうしてもその専門技術を
「信じて」しまう部分はでてきてしまうし、

非日常的な現場である手術に日々追われていると、
自分の行っている仕事が本当に
「現実の患者さんのため」なのか?
という思考をもつことから
外れてしまうことがあります。
これは、実際上は、
医師が人間である以上、
とてもゼロにすることが、
難しい部分です。
というのは、
自分はもちろんですが、
先輩医師で
それらの部分をゼロにして、
患者さんと向き合っている医師に
今まで出会ったことがないという
事実があるからです。
さらに、自分のしている医療行為が、
正しいと「信じて」行ってしまう要素が
現代医療のなかでは、特に多い印象を受けます。
(ここでは、詳記は致しませんが、、)

その状況で、
現在、私は、
自分の外科医としてのキャリアを捨て、
様々な、しがらみから離れ、
ただ、一つのメッセージ
「体の声を聴き続ける。そうすれば健康への道が拓く。」を
ご縁を頂いた方にお伝えすることのみに
専心して日々診療させていただいております。

私達が生きている地球上、
宇宙の中の出来事は、
「法則」のなかで動いています。
その「法則」から外れることは、
現実には、ないのです。
もしあるとすると、
その法則では、
説明つかないまた
別の法則があるだけなのです。

人間の体でいうと、
健康への扉は、
どんな名医でも他人が拓くことは出来ない。
というのは、法則に近い事実であろうと感じます。
何度も言いますが私は、現実主義者です。
現実の「法則」をバイアスを入れずに捉え、
その上で、戦略を考えます。

医学部で6年間勉強して、
医師になって10年間、勉強して、診療を経験して、
医師の力で健康を獲得した患者さんに出会えていませんし、
情報として入ってきてもおりません。
医師の手術や治療が、
健康獲得へのきっかけになった場合はありますが、
最終的には、健康獲得出来るかどうかは、
自分自身の問題になってくるのです。

自分自身が体と向き合うしかないのです。
お父さんお母さんからいただいた体に、
きちんと向き合う。
結局、症状とは、
その「向き合い方」を教えてくれている現象だと
私は考えています。
逆に、体と向き合うことで、
つながって連動している、
「命の営み」を感じることができ、
そして、様々気づきを得、
自分自身の魂の成長を得ることができる。
魂が成長すればするほど、
文頭のネルソン・マンデラ氏のように、
依存から脱却し自立した人間になることができる。
結果として「自立」を手に入れることができる。
自分の体、心、魂、運命全てに
責任をもつことができるようになる。

私達、相武台脳神経外科は、
「体と向き合うこと」を提言しています。
そして、命の鼓動を感じ、
自然に体への感謝の念が湧いてきたとき、
体との戦争状態が終結し平和が訪れます。
そのバランス状態が、
健康状態であると私は考えています。
そのようなバランス状態であれば、
体のなかに、がん細胞が存在しても、
患者さん本人は、感謝の念に包まれているでしょう。
肉体を通して肉体を超越可能なのです。

これは、
関係性の創造の方法とも
いうことができるかもしれません。
体との関係性で、
「依存状態」や「孤立」の状態から
「自立」の状態へ創造していく戦略、
それを私達は、お伝えしております。

さらに、
この関係性を学んでいく過程で、
別の角度からも、
現実主義者としての戦略のたて方を
考え学ぶことができます。

今回は、
国際関係という切り口で紹介させてください。

現在、
日本は、アメリカ合衆国の属国であるという事実に、
異論を唱える識者はいないと思います。

今後の私達日本の「自立」への道を、
方法論を、
とても具体的にわかりやすく、
提案されている方がいます。

国際関係アナリストの北野幸伯さんです。
北野幸伯さんは、1970年生まれ、
ロシアの外交官とFSB(元KGB)を専門に養成する
モスクワ国際関係大学卒業後、
カルムイキヤ自治共和国の大統領顧問に就任。
その後、プーチン大統領の側近、Z氏とともに、
日本企業誘致目的の会社を立ち上げたり、
日本政府とロシア政府の
パイプ役として影で尽力されていたようです。
現在は、
世界情勢と日本の自立へ向けた情報発信をロシアから、
メールマガジンと本の出版によってされています。

政治素人の私が、
北野さんをすごいと思ってしまうのは、
1999年からのメールマガジンを
全てネット上で公開されていますが、
15年前に、
分析予想されていた将来の世界と
現実の現在の世界が
ほとんど違わないという驚異的な事実です。

世界情勢に、偶然はない。全ては必然である。
(プーチン最強講義P38より)

北野さんの分析方法は至ってシンプルです。
まさに、
単純な原則を捉え、
本質の流れを鮮明に見抜いていきます。

さらに、北野さんは、
日本の具体的な自立への道を提言されています。

15年前まで、日本と同様に
アメリカの属国でありながら、
華麗に国家の自立を成し遂げ、
さらに、アメリカ合衆国を
覇権国家から引きずりおろした国があります。

それが、

ロシアです。

そして、その リーダーが、

昨年アメリカの経済誌「フォーブス」に
世界で最も影響力のある人物として選ばれた

プーチン大統領です。

確かにロシアと日本では、
状況が違う部分もありますが、
本質的なところで日本国民として
非常に勉強になる部分が多いです。

その北野さんの著書
プーチン最後の聖戦
日本自立のためのプーチン最強講義

この二冊は、是非お勧めです。
これからも、ときどきこのブログでご紹介させていただきたいと思います。

今日は、自立への方法論を 角度を変えてご紹介してみました。
最後までお付き合いいただき、ありがとうございました。