こんにちは、二月最後の水曜日です。

寒さは大変厳しいですが、春の気配も少しずつ感じるようになってきました。

現在の相武台は、ひんやりしていい感じのたそがれ時です。

それぞれの家庭から夕飯の香りが漂い、帰宅の足音がするこのような時間帯に

勤務医時代は、外の空気を味わうことがめったにできませんでした。

今日は、私としましては非常に贅沢な時間を堪能しております。

水曜日は当院は、基本的に休診日ですが、

一つのメッセージをお伝えするための土台となる力をつけるため、

私たちは様々な可能性に挑戦しております。

本日は、先月も来院してお話頂いた小川康先生に来院していただき、

「薬草茶」の勉強会を行いました。

まずは、薬草に関しての基本姿勢、それは、

「楽しむ」

ということ。

それが、一番大切。

得てして、世の中では、薬草に関して、「効能、効果」が先走ってしまいますが、

何よりも「楽しむ」

そして、

飲ませてあげる相手をおもって、手間ひまをかける。

薬草採取に数時間、それを洗って、異物をとって、乾燥させて、、、

そして、相手の目の前で、お湯を注ぎ

そっと、思いをさしだす。

「そこに汗はあるのか?」

その、一杯のお茶を飲ませてあげる行為のなかに、

相手を癒したい気持ち、

そして、お茶をいれてくれた相手の手間ひまを受ける、愛情を受ける気持ちが交じり合います。

その愛情を受けて飲む、一杯のお茶は、

何にも代え難い、二度と作れない一期一会の「名薬」。

ここまで崇高な医療行為はないかもしれません。

その空間の中には、様々なよい空気が流れます。

その手間、時間、お茶そのもの全てを「楽しむ。」。

そしてそれを受け取る患者さんは、五感をフル活用して愛情の深みを受け入れます。

もう一つ、

「口に入れる瞬間、その食べ物がいま自分の体にあうか合わないか、人は判断している。」

美味しいとおもう薬は、実はその人が欲しているのです。

つまり、五感はものすごく重要で、

ただ、都会生活をしているとその五感を押し殺して生活してしまっている側面があるため、

現実的にはなかなかすぐには、感じることができない部分が多いですが、

感じようとし続けることが大切だとおもいます。

感じようとし続ける。聴き続ける。

やはりその食品が体に良いかわるいか、薬が自分にあっているかあっていないか、

こまごまとした効能効果よりもご自分の感覚に聴き続けることがものすごく重要です。

「体の声を聴き続けるそうすれば健康への道が拓ける。」

この言葉の重要性が、

一つ一つの各論を通して少しずつ、浮き彫りにされていきます。

充実した時間を小川先生本当にありがとうございました。