f1a5395e4f64f5b8aa84fa2899b35094-e1418799717167

こんにちは、
今年も少しずつ押し迫ってきました。
今日は全国的に大荒れの天気のようですが、
幸い関東地方は、冬晴れとなりました。

先日、当院社労士の橋本誠一郎先生から
興味深いお話を伺いました。
橋本先生は浦和市在住で、
Jリーグの浦和レッズファンであり
試合もたまに観戦されるようです。
そんな橋本先生ですが、
今年の浦和レッズのまさかの逆転負けには、
少し冷めた目で見ているようでした。

実は数年前も、
最終節、最低引き分けで終われば、優勝という状況で
J2陥落予定のチームに負けた「実績」が浦和にあるようで、
レッズファンは、今年も嫌な予感をされていたようです。
実際に、案の定、G大阪に逆転優勝を奪われました。

橋本先生の話しでは、それ以前に浦和市民の心が
少しずつレッズから離れている部分もあるようです。

その理由を説明していただきました。

Jリーグ開始当初は、レッズ生え抜きの選手が多く、
地元からも愛される選手が多かった。
しかし、調子が悪い時期に、
取り繕うかのように、
他チームから実力のある選手を
補強するようになり、
そしてチームは、その補強に頼るようになり、
また他チームから補強する。
それを繰り返すことで、
チーム内からの生え抜き選手が育たなくなる。
悪循環が生まれる。

結局、目の前の対策に追われ
「やり方」に走り
浦和レッズそしてJリーグの理念 
「あり方」を忘れ、
いつの間にか、骨抜きになってしまっている。

そのような、
取り繕うことしかしないチームには、
結局ファンの心は離れていく。

しかし、よく考えてみますと、
いまの世の中、目の前の問題、
そしてその「やり方」に追われ
「あり方」を忘れている
局面が嫌気が差すほど多くはないでしょうか?

政治的な対策から
頭痛に対しての対応、
学習塾、習い事でへとへとの子供に至るまで
本当にもううんざりするぐらい、
あらゆることに近視眼的になっています。
そして近視眼的になればなるほど、
忙しくなり、忙しいのに、結果がでない。
低エネルギー状態になっていく
悪循環が生まれます。
「貧乏暇なし。」とは、
非常に意味のあることわざかもしれません。

私が考えるに、
様々な分野で、近視眼的な行動に、
流れとして至ってしまい、抜けられなくなり、
いわば極まっている状況です。

その、極まっている状況を考えますと、
おそらく時代のターニングポイントが近くなっている
あるいは、すでに大きな新しい
動きシフトが始まっている感じが私はします。

どのような、シフトか?

それは、

「やり方」の時代から「あり方」の時代へ。

やり方よりも、
「自分がどうあるべきか?」
きちんと見つめる時代へのシフトです。

相武台脳神経外科では、2014年、
立ち上げから4年目を迎え
実は、準備期間も含めると4月あたりから
「チームとしてどのようにあるべきか?」
あり方を模索していました。

時間の迫られた医療現場では、
基本的に、医師からの
トップダウンの色が濃い現場となります。

しかし、本当にそれが、
チームとしてのエネルギーを持った姿なのか、
職員一人ひとりの価値観と、
理想とする職場はどのようなものか?
それば相武台脳神経外科の理念と
どのような関係性をもつのか?

場所を変えて、服装も変えて、
ヒューマンバリューの長曽さん鬼頭さんのご協力のもと
半年以上にわたりコツコツ模索してきました。
普段の職場の状況とは、
まるで違うので、ぎこちないものはありますが、
素晴らしい長曽さん鬼頭さんのガイドのお陰で、
少しずつ、
チームとしてよちよち歩きが、
できつつあると私は感じています。

よくお話を伺うと、
ヒューマンバリューも、
「あり方」に徹底的にこだわる人材育成会社で
結果をすぐに求めるような会社には、
なかなか理解が得られないのだとのことです。

その意味で、
当院とヒューマンバリューとは、
非常に親和性があるのかもしれません。
私自身、このミィーティングに未来を感じますし、
来年も、継続していくぞとの決意も生まれました。

当院は、これからも妥協しません。
徹底的に「あり方」に磨きをかけていきます。

それが、いま、時代に必要だと確信しているから。

(長曽さん、鬼頭さん、今回も大変ありがとうございました。)

 下記お勧めリンク

 

 

f1a5395e4f64f5b8aa84fa2899b35094-e1418799717167